今横浜でよく売れている霊園の特徴

横浜は幕末の開港場となって以降、さまざまな外国の文化を受け入れる窓口としての機能を果たし、今日でも東京近郊における文化や経済の中心地として栄えているというのは周知の事実であるといえます。このようなエリアでは、亡くなった後での棲み家ともいうべき霊園についても、かなり多様な種類がみられるところです。そのため、パンフレットやインターネットのホームページなどの説明を見ているだけでは、つい迷ってしまうものですが、実際には空きがなくて申し込みができないということもあり得ます。また、時代の流れなどもありますが、やはり売れ筋とそうでないところの両方があるものですので、そうした状況を把握しておくことも、選ぶ上では重要になってくるものといえるでしょう。

市営墓地はやはり人気が高いもの

横浜での霊園探しにあたっての第一候補となってくるのは、やはり市営墓地であり、昔からそうではありますが、今でも人気があるといえます。市営墓地の場合には、他の民間の墓地とは違って、価格的な水準が低いというところが、いちばんの魅力であるといえます。そのため、場所によっては空きがなくて募集が停止されていたり、毎年の募集要項にしたがって、抽選によって実際に墓地を利用できる人が決定するため、かならずしも希望にそえない場合があり得ます。こうしたことに留意をしながら、場合によっては市営墓地ではなく、他の民間の墓地についても目を向けてみることがたいせつになってくることがあります。また、市営墓地とはいっても、最近では共同墓地タイプのように、さまざまなタイプがありますので、別のタイプの募集要項を参照するのもひとつの手段です。

さまざまなタイプが選択肢となる

横浜の霊園の場合には、ほかの地域とは違って、かなりさまざまなタイプにわかれていますので、伝統的なタイプとは異なる、新しいタイプのほうが売れ筋になっていることがあります。たとえば、樹林や花壇といったエリアのなかに埋葬をする、個別の区画にわかれていない合葬タイプの公園墓地などは人気があります。これはかならずしも樹木葬として散骨をするということではなく、骨蔵器に入ったままで、樹木の根元などに埋蔵するというタイプもあります。また、壁型墓地といって、ちょうど壁のような墓標に表札を掛けて用いるような、きわめて省スペースになっているものもあり、これは伝統的なお墓に比べれば費用が安価ですみ、造成をする側としても土地の確保が容易というところから、最近急速に広まってきているものといえます。