立地を大切に考えたい横浜の霊園

横浜といえば、山下公園や中華街、みなとみらい地区のショッピングモールやアミューズメント施設、博物館や美術館などといった、さまざまな観光スポットがあることで知られます。それとともに、山側のほうは海を見下ろすような高級住宅街が広がっており、鉄道や高速道路も走るなど、たいへん住みやすいところであるといえます。こうした地域の特性を考えると、近場で霊園を探す上でも、明るく環境のよいところが見つかりそうではあります。しかし、環境の良いところほど、すぐにでも予約でいっぱいになってしまうものです。そうしたことを考えあわせながら、なによりも立地を大切にして選定するように心がけるのがよいといえます。そのためには、事前にチラシやパンフレットを集めるなどして、情報を得ておくことも必要です。

郊外にある立地環境のよい場所とは

横浜の場合には、やや郊外に位置するような、丘陵部分にも霊園が多く営まれています。こうしたところですが、都心部よりも比較的土地には余裕があるというところから、いわゆる公園墓地のようなものも見られます。たとえば、樹木、草花の植栽によって、緑あふれる公園のように整備されたものが該当します。環境としてはたいへん良好であるといえますが、現地の管理体制についても、あわせて調べた上で、契約するかどうかを決めるのがよいでしょう。郊外型の墓地の場合には、日頃の管理が行き届いていないと、新しく造成されたときは立派であっても、すぐにその景観が保たれなくなってしまうことがあります。また、毎年の墓参をすることを考えて、公共交通がある程度通じているようなところを選択すべきといえます。

スタイルによっては都心部も有望な選択肢

横浜のなかでも都心部に近いところの霊園ですが、基本的には土地が少ないということから、従来型の墓地ではなく、建物をつくってそのなかに納骨をする屋内タイプのものや、土地の面積が少なくてすむような壁型タイプのものなどといった、新しいコンセプトにのっとったタイプのものが多いといえます。伝統的なタイプにこだわらないのであれば、都心部にある墓地というのも、選択肢としてはたいへん有望であるといえます。都心部は郊外とは違って、公共交通として鉄道、バスが間違いなく利用することが可能ですので、墓参が容易であるほか、管理についても充実しているのが一般的です。特に、歳をとってからの墓参は、郊外では体力的に難しくなることも考えられるため、都心の立地はその点でもメリットが大きいといえます。