霊園を横浜で探す時の注意点とは

横浜といえば、異国情緒にあふれ、常に経済や文化の最先端といった土地柄ですが、このエリアで霊園を探すにあたっても、やはりいろいろな新しいタイプのものが増えてきているということには留意したほうがよいといえます。また、いろいろな種類があるからといっても、自由に選択をして、申し込みができるものとはかぎらず、なんらかの条件が付帯されていて、実際にはむずかしいといったこともあります。そうしたことをすべて含めて検討した上で、ふさわしいところが選択できるようにしなければなりません。このため、いろいろな情報をネットやチラシなどで集めるとともに、あらかじめ探す上での注意すべき点をチェックした上で、できるだけむだのないような探し方をするのが望ましいといえるでしょう。

市営墓地などは募集制限があることもある

横浜での霊園探しの入口としては、まずは市営墓地がありますが、こうした市営墓地というのは、行政がかかわることから価格的にもリーズナブルな設定となっているほか、かならず市内に存在しているというところもメリットであるといえます。しかし、人気があるということは、すべての人に利用を認めるということではなく、定員の枠内に入り切れない場合には、おのずと断られてしまう可能性があるということを意味しています。通常の場合であれば、年間で募集をする期間が決まっていて、その期間だけ申し込みを受け付け、しかも申し込みが受け付けられたとしても、抽選によって、実際に利用できるかどうかが決まってくることになります。そのため、他の民間墓地についても候補として入れておいたほうがよいといえます。

民間墓地であれば宗派の違いにも留意

横浜で民間の霊園を探すのであれば、寺院などの宗教法人が運営しているところと、その他の民間の法人が運営しているところの両方があります。この場合、宗教法人が運営している場合には、宗派による違いについてもよく考えておいたほうがよいでしょう。この地域は外国人墓地などもあるので、宗派の違いには比較的寛容なところはあるとはいっても、やはり特定の宗派だけしか利用が認められないということもあり得ます。また、先祖代々が同じ宗派であるとはいっても、実際の墓地利用の際には檀家になることを契約させられる場合もありますので、注意しなければなりません。また、仏教であれば宗派の違いは関係がないとしても、キリスト教や神道の形式でのお墓を建てることは認めないということもあります。